官房長官 帰還できぬ区域設定検討

藤村官房長官は、午後の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故の避難区域を巡って、政府として、安全性などの観点から、原発の周辺地域の中で、住民を帰還させない新たな区域を設定することも視野に、今後、地元自治体と協議しながら、具体的な検討を進める考えを示しました。

NHK 4月4日 18時56分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120404/t10014216181000.html





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック