5年後も高線量地区残存 政府が空間線量予想図を公表

 政府は22日、福島市で開かれた「双葉地方町村と国との意見交換会」で、東京電力福島第一原発周辺市町村の今後20年にわたる空間放射線量予測図を示した。除染を実施しなかった場合の試算で、政府が帰還困難区域解除の一つの目安とする5年後(2017年)でも、大熊、双葉、浪江、葛尾の4町村で年間積算線量が50ミリシーベルトを上回る地域が残る見通し。線量予測は4町村の避難区域再編や住民帰還、復興計画策定に影響…

続きを読む

富岡町長が合併に言及 自治体消滅に危機感

 遠藤勝也富岡町長は19日、都内で開かれた日本原子力産業協会年次大会で講演、「(双葉郡8町村の)人口はどんどん減っていく。一つの町村だけでは行政運営できない。広域行政、あるいは大同合併して垣根のない双葉になることも必要だ」と、8町村合併などが必要との考えを明らかにした。 2012年4月20日 福島民友ニュース http://www.minyu-net.com/news/news/0420…

続きを読む

【南相馬あす警戒区域再編】治安守れるか 出入り自由、夜無人 4000世帯パトロール強化を

 南相馬市の警戒区域の再編が16日に迫り、区域内の住民から帰還への喜びの声が上がる一方、住民でなくても自由な出入りが可能になることで防犯上の課題が浮上している。居住制限、避難指示解除準備の両区域とも夜間滞在は認められておらず「無人」となる。同市は先行して再編された田村市、川内村の警戒区域の30倍もの世帯数を抱えており、県警は犯罪抑止に神経をとがらせる。 福島民報 2012年4月15日 h…

続きを読む

被爆者同様の支援要請へ 原発事故で福島・浪江町

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町が、全町民に配布予定の「放射線健康管理手帳」について、手帳を持つ人が医療費無料などの支援が受けられるよう政府に法整備を近く要請することが14日、町幹部への取材で分かった。被爆者援護法に基づく原爆の被爆者健康手帳と同様の措置を求める。 産経ニュース 2012.4.14 23:13 http://sankei.jp.msn.com/aff…

続きを読む

官房長官 帰還できぬ区域設定検討

藤村官房長官は、午後の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故の避難区域を巡って、政府として、安全性などの観点から、原発の周辺地域の中で、住民を帰還させない新たな区域を設定することも視野に、今後、地元自治体と協議しながら、具体的な検討を進める考えを示しました。 NHK 4月4日 18時56分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120404/t100…

続きを読む

「格納容器壊れない」 安全委 震災半年前

 東日本大震災の約半年前、原発事故に備えた防災指針見直しの準備を進めていた原子力安全委員会が、「日本では旧ソ連チェルノブイリ原発事故のような、高濃度(ホット)スポットができる事故はあり得ない」とし、従来の防災重点区域(EPZ、八~十キロ圏)の拡大を考えずに見直し作業に入っていたことが、安全委が二十七日に公開した文書で分かった。  文書によると、会合で電事連側は、重点区域を拡大すると予算がかかり…

続きを読む

2号機 格納容器内の映像公開

福島第一原発の2号機では、格納容器の内部の状況を把握するため、26日、工業用の内視鏡を使った2回目の調査が行われ、容器内の水位が底から60センチしかないことが分かりました。 前回の調査では、内視鏡の長さが足りず、水面が確認できませんでしたが、27日、公開された映像には、内視鏡を容器の貫通部から壁に沿って6メートルほど下に降ろすと、水面が現れました。 水中では水は濁っておらず、白っぽい細かい浮…

続きを読む

汚染水また流出 ストロンチウムも

東京電力福島第一原子力発電所で、タンクの配管から、高い濃度の放射性ストロンチウムを含む汚染水が漏れて、およそ80リットルが海に流れ出たとみられていて、東京電力の管理態勢が厳しく問われています。 この汚染水には高い濃度の放射性ストロンチウムが含まれており、東京電力が放水口付近の海水に含まれる放射性物質を調べたところ、1立方センチメートル当たり0.25ベクレルのベータ線を出す放射性物質が測定され、…

続きを読む

楢葉、広野沖22キロに計画 政府の洋上風力発電実証事業

 政府が平成24年度から本県沖で実施する洋上風力発電実証研究事業の全体計画が25日までに分かった。楢葉、広野両町沖22キロ地点に、世界最大となる出力7千キロワット級の浮体式洋上風力発電施設など3基を設置する。27年度以降、周辺に発電施設を増やし、事業化を目指す。漁業者の操業に配慮し、発電施設からの送電用ケーブルは海底に埋設する方向で調整している。風車の部品製造など関連産業はいわき市の小名浜港周辺…

続きを読む

既存原発への訴訟懸念する文書 過酷事故対策で保安院

 経済産業省原子力安全・保安院が、炉心損傷など原発の過酷事故(シビアアクシデント)への対策を法律で規制するかどうかを検討していた2010年に、法規制すれば既存の原発の安全性が疑われ、行政訴訟が起こされかねないと懸念する文書をまとめていたことが26日、分かった。 共同(2012/03/26 21:08) http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032601…

続きを読む

5千ベクレル超は8900ha 農地のセシウム濃度

 農林水産省は23日、岩手から静岡まで15都県の農地に含まれる放射性セシウムの濃度分布図を公表した。昨年春のコメ作付けの目安とした土壌1キログラム当たり5千ベクレルを超える農地は福島だけに集中し、面積は牧草地を含め約8900ヘクタールになるとの推定値を示した。東京ドーム約1900個分に相当する。 共同(2012年3月23日) http://www.kyodonews.jp/feature…

続きを読む

県内に役場機能を 双葉町議会が決議案提出へ

 昨年4月から埼玉県加須市の旧県立騎西高に主な役場機能を置いている双葉町の福島県内移転をめぐり、双葉町議会は16日までに、19日の3月定例町議会最終本会議に議員発議の「双葉町役場機能本体を県内に戻すことについての決議案」を提出する方針を固めた。町議会は昨年から町に対し福島県内への移転を求めている。 福島民報 2012/03/17 09:45 http://www.minpo.jp/vie…

続きを読む

保安院長“なぜ、寝た子を起こす”

6年前、国の原子力安全委員会が進めていた原発事故への防災指針の改訂を巡って、原子力安全・保安院が反対し、緊急時の避難区域の設定などの国際基準が指針に反映されなかった問題で、当時の保安院の院長が「なぜ、寝た子を起こす」と、安全委員会の委員に検討をやめるよう直接、伝えていたことが分かりました。 NHK 3月17日 5時45分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/2…

続きを読む

「事故当初からそうですし、今もなお一番危ないのが4号機です」

 福島第一原発の事故は収束し、「冷温停止状態」にある……と、政府や東電は昨年末に宣言。しかし、それは“まやかし”だと指摘する米原子力専門家がいる。事故直後の3月18日、米CNNに出演し、事故はすでに最悪の「レベル7」であることを強調したアーニー・ガンダーセン氏だ。これまで一切語られてこなかった事故の真相、薄氷を踏むような福島原発の現状……。 2012/3/15 14:03 http://…

続きを読む

いわき市に「仮の町」構想…大熊町が16年めど

 東京電力福島第一原子力発電所事故で全域が警戒区域に指定されている福島県大熊町は13日、同県いわき市かその周辺自治体に町役場や学校などを一時的に移す「仮の町」構想の素案を公表した。  2014年をめどに拠点を決め、16年までに役場などを開設する。原発が立地する同県双葉郡内では、双葉町や富岡町でも同様の構想が浮上しているが、具体的な移転先や時期が示されたのは初めて。 2012年3月13日2…

続きを読む

長野・栄村が被災1年迎える 長い冬、復旧に足かせ

 「3・11」の翌日、震度6強の揺れに見舞われた長野県栄村は12日、1日遅れで被災1年を迎えた。避難生活で体調を崩して高齢者3人が死亡、仮設住宅の雪下ろし中の転落で死者も出た。「1年の半分弱が雪」の村に本格的な春が訪れるのは4月。コメ農家が多く、6月半ばの作付けまでに必要な農地の復旧工事に残された時間は少ない。 共同通信 2012/03/12 09:05 http://www.47new…

続きを読む

議事録ようやく概要=「不親切」な発表方法-政府

 政府は9日、東日本大震災を受けて設置した原子力災害対策本部や緊急災害対策本部などの議事概要を公表した。録音記録がほとんどなく、関係者のメモを頼りに作成したため、内容は発言の箇条書きの域を出ていない。後の検証に耐え得る記録とは言い難く、情報公開に対する民主党政権の姿勢が改めて問われそうだ。 時事通信 2012/03/09-19:40 http://www.jiji.com/jc/eqa?…

続きを読む

東電社長、月内に存廃方針公表へ 福島県の原子炉6基

 福島第1原発事故を受けて福島県が国と東京電力に対し、第2原発を含む県内の原子炉10基全ての廃炉を求めている問題で、東電の西沢俊夫社長は9日、廃炉方針が決まっている4基を除く6基について「(3月中に策定する)総合特別事業計画でどう認識しているかを出さないといけない」との考えを示した。 共同通信 2012/03/09 18:00 http://www.47news.jp/CN/201203…

続きを読む

甲状腺被ばく最大87ミリシーベルト=福島で65人調査-弘前大

 東京電力福島第1原発事故の1カ月後、福島県の0歳から80代の住民65人の甲状腺を調べたところ、50人から放射性ヨウ素が検出されたと、弘前大(青森県弘前市)の調査チームが9日、発表した。最大値は同県浪江町の成人で、87ミリシーベルトだった。 時事通信 2012/03/09-18:52 http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012030900921

続きを読む