除染平成25年度内完了 避難指示解除準備、居住制限区域 環境省が原発周辺の工程表発表

 環境省は26日、東京電力福島第一原発事故に伴い国が避難区域内の11市町村で進める除染作業の工程表を発表した。年間被ばく線量が50ミリシーベルト以下の「避難指示解除準備」「居住制限」の両区域で優先して作業を始め、平成25年度末までに全域で作業を完了させる。汚染廃棄物の仮置き場確保など条件が整った地域は3月にモニタリング調査を始め、7月の開始を目指す。一方、50ミリシーベルト超の「帰還困難区域」は…

続きを読む

楢葉町が4月にも本格除染

 警戒区域の楢葉町は全20行政区ごとに仮置き場を設け、早ければ新年度の4月にも国直轄で本格的な除染作業に入る。15日、いわき市のいわき出張所で行政区の代表者らを対象にした除染方針説明会でスケジュールの概要が示された。 福島民報 2012/01/16 08:48 http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9924159&newsMod…

続きを読む

県が学校除染事業開始 雨どい付近で高線量

学校の放射線量を減らすための福島県のモデル事業が26日、福島市で始まった。初日は福島一小で校舎、校庭、通学路のモニタリングや除染作業を行った。一階の雨どい付近の高さ一センチで毎時40マイクロシーベルト超が計測され、県は各学校に対し、同じような場所への立ち入り禁止を周知する考えだ。 福島民報(2011/06/27 11:32) http://www.minpo.jp/view.php?…

続きを読む