第1原発で毎時10シーベルト超の高線量測定

 東京電力は1日、福島第1原発1号機と2号機の間の屋外で、毎時10シーベルト(1万ミリシーベルト)以上の高線量を測定したと発表した。これまで敷地内で測定された最高値で、東電は周辺に作業員が近づかないよう目印を付け、原因の調査に当たる。 2011年8月2日 福島民友ニュース http://www.minyu-net.com/news/news/0802/news5.html

続きを読む

当町の水道水は、モニタリング検査結果から安全です。(平成23年7月26日現在)

 福島県による猪苗代町内の水道水モニタリング検査(水道水中の放射能測定)が実施され、検査結果が出ましたのでお知らせいたします。 猪苗代町の水道水は、全てが地下水であるため現時点では、放射性物質に汚染されることはないので、摂取しても問題ありません。 猪苗代町公式 http://www.town.inawashiro.fukushima.jp/cb/hpc/Article-490.html

続きを読む

避難所に入り公然わいせつの疑い 埼玉で51歳男逮捕

 福島県双葉町の住民が集団で避難している埼玉県加須市の旧騎西高校の敷地内に無断で入り込み、下半身を露出したとして、埼玉県警は27日、同市の無職の男(51)を公然わいせつの疑いで逮捕し、発表した。 朝日新聞社 2011年7月27日18時22分 http://www.asahi.com/national/update/0727/TKY201107270545.html

続きを読む

生活圏の線量測定 「避難準備区域」解除・縮小へ

 政府の原子力災害現地対策本部は25日、東京電力福島第1原発から20~30キロ圏の「緊急時避難準備区域」の解除・縮小の検討に向けた空間放射線量測定計画を発表した。計画では地元自治体の要望に沿って生活圏の学校や病院などを中心に詳細な測定を実施、8月上旬に測定結果を記した線量分布マップを作成し、必要に応じて除染など解除に向けた準備を進めるほか、同月中にも地元自治体と解除・縮小について調整に入る方針。…

続きを読む

18歳以下甲状腺検査 福島県民健康調査 36万人全員

 福島県は24日、全県民を対象にした健康管理調査の検討委員会を開き、東日本大震災時に18歳以下だった約36万人全員に甲状腺検査を行うことなど詳細調査の概要を決定した。10月から県立医大で先行して実施し、検査体制を確立した上で、11月から県内の他の医療機関も対応できるようにする。 河北新報 2011年07月25日月曜日 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/0…

続きを読む

「3年かけ廃炉準備」 政府・東電、改訂工程発表

 福島第一原子力発電所の事故収束に向けた工程表について、政府と東京電力は19日、改訂版を発表し、今後3年間で燃料プールから使用済み燃料を取り出し、廃炉に向けた準備をする方針を示した。一方、避難区域の解除の条件としてきた原子炉の冷温停止の定義について、炉内の温度が100度以下になり原発の敷地境界での被曝(ひばく)線量が年間1ミリシーベルト以下になることだと初めて示した。 朝日新聞 2011年…

続きを読む

「汚染の認識なかった」 稲わらからセシウム検出問題

 浅川町の畜産農家が肉牛に与えていた白河産稲わらから高濃度の放射性セシウムが検出された問題。放射能の影響が想定を超える範囲にまで拡大したことが明らかになり、関係者は対応に追われた。 2011年7月16日 福島民友ニュース http://www.minyu-net.com/news/news/0716/news8.html

続きを読む

16日から無料開放 県内の観光有料道路

 県内の観光有料道路の磐梯吾妻スカイライン、磐梯山ゴールドライン、磐梯吾妻レークラインの無料開放が16日、スタートする。  東日本大震災や東京電力福島第一原発事故の風評被害で受けたダメージからの復興に向け、本県の観光地の誘客につなげるのが目的。 福島民報(2011/07/15 10:16) http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockI…

続きを読む

福島第1原発:東電が仮払い拒否 幼稚園など「対象外」

 東京電力福島第1原発事故で被害を受けている事業者に対する損害賠償を巡り、東電が幼稚園や老人ホーム、診療所への仮払金の支払いを拒否していることが、毎日新聞の入手した文書などで分かった。 毎日新聞 2011年7月16日 2時35分 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110716k0000m040166000c.html

続きを読む

枝野官房長官:脱原発「遠い将来の希望」 首相発言釈明

 枝野幸男官房長官は14日午前の記者会見で、菅直人首相が「将来は原発がなくてもやっていける社会を実現する」と表明したことについて「国民的な議論を展開していくスタートとしての方向性を示した」と説明した。 毎日新聞 2011年7月14日 13時29分 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110714k0000e010075000c.html …

続きを読む

汚染牛肉373キロ消費 出荷量の4分の1 8都道府県

 福島県南相馬市の農家が出荷した牛11頭から基準を超える放射性セシウムが検出された問題で、東京都は13日、この農家が11頭より先に出荷し、同様に汚染が次々と確認されている6頭の流通先が12都道府県にわたり、8都道府県で計約373キロが食用として消費されたとみられると発表した。 朝日新聞 2011年7月13日15時6分 http://www.asahi.com/national/upda…

続きを読む

飼料に基準値の56倍 牛からセシウム検出

 南相馬市の畜産農家が出荷した11頭の肉用和牛から食品衛生法の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された問題で、県は11日、飼料に与えていた稲わらから1キロ当たり7万5000ベクレルのセシウムを検出したと発表した。 2011年7月12日 福島民友ニュース http://www.minyu-net.com/news/news/0712/news1.html

続きを読む