【南相馬あす警戒区域再編】治安守れるか 出入り自由、夜無人 4000世帯パトロール強化を

 南相馬市の警戒区域の再編が16日に迫り、区域内の住民から帰還への喜びの声が上がる一方、住民でなくても自由な出入りが可能になることで防犯上の課題が浮上している。居住制限、避難指示解除準備の両区域とも夜間滞在は認められておらず「無人」となる。同市は先行して再編された田村市、川内村の警戒区域の30倍もの世帯数を抱えており、県警は犯罪抑止に神経をとがらせる。

福島民報 2012年4月15日
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/04/post_3683.html



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック