甲状腺被ばく最大87ミリシーベルト=福島で65人調査-弘前大

 東京電力福島第1原発事故の1カ月後、福島県の0歳から80代の住民65人の甲状腺を調べたところ、50人から放射性ヨウ素が検出されたと、弘前大(青森県弘前市)の調査チームが9日、発表した。最大値は同県浪江町の成人で、87ミリシーベルトだった。

時事通信 2012/03/09-18:52
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012030900921

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック