楢葉、広野沖22キロに計画 政府の洋上風力発電実証事業

 政府が平成24年度から本県沖で実施する洋上風力発電実証研究事業の全体計画が25日までに分かった。楢葉、広野両町沖22キロ地点に、世界最大となる出力7千キロワット級の浮体式洋上風力発電施設など3基を設置する。27年度以降、周辺に発電施設を増やし、事業化を目指す。漁業者の操業に配慮し、発電施設からの送電用ケーブルは海底に埋設する方向で調整している。風車の部品製造など関連産業はいわき市の小名浜港周辺に集積する方針。
 楢葉、広野両町は、東京電力福島第一、第二両原発から首都圏に電気を供給していた高圧送電網が利用できる。政府は既存施設を有効活用することで早期の事業化が可能と判断した。

福島民報(2012/03/26 08:49)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=9954539&newsMode=article

参考
日本に巨大風車はいらない 風力発電事業という詐欺と暴力

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック